腰痛対策

腰痛対策

まあたまには真面目な記事でも書くかということで。

というかこのブログはいまだに収益化できていません。面倒くさくなってほっぽり出しているというのが正しい表現でしょうか。

まあ月にかかるお金なんて1,000~2,000円くらいなもので維持できるので大したことありませんし、4か月ほど書き続けてちょっとずつですが、読んで下さる方も増えてきましたし、何より日記を書くのは楽しい。

こんな自分でもアドバイスを頂けますし、皆さんとこういった媒体を通して会話できるのが非常に楽しい。

しかしまあ月1,000~2,000円くらいはこのブログに収益してもらおうということで、今日は真面目な話でもしよう。と思い立ったわけです。

腰痛

トレーダーの方は一日座っていることが多いので、体中あちこち痛いという方も多いのではないでしょうか。

そんなワタクシもかれこれ20年近く腰椎椎間板ヘルニアを患っており、こちらは骨が削れているので一生治りません。

だましだまし生活しているわけです。

そんな腰痛ですが、実は腰が痛いと言って病院に行っても、50%以上の方が原因不明なのです。

何故かというと、そもそも腰が痛いといって病院に行ってもあまり詳しく調べないからです。

整骨院などは法改正があり、診察費を抑えなさいと国から強く言われているので、「腰が痛い」と言って来院される方々にあまり時間を割けないのです。

特にお年寄りなんかには「運動しなさい」と伝えてシップを渡して終わりです。これは決して病院側がサボっているわけではなく、国から強く言われているからなんですよね。

最近街でよく整骨院を見かけませんか?街によってはコンビニより多いくらいですよね。

まあこの辺の事情は話すと長くなるのでこの辺で。

本題

腰痛の主な原因は3つです(勿論もっと細かく見るといっぱいあります)。

1、ストレス

2、睡眠不足

3、運動不足

ストレス

先ほど腰痛の50%以上が原因不明とお伝えしましたが、この1番。ストレスが腰痛に大きく関係している為、調べても分からないことが多いのです。

意外と知られていない事実。

えっ

そうでもない??

そして対処方ですが、ストレスをためないのが一番です。

えっ

それができたらみんな苦労しないんじゃ…。

まあこれはあまり現実的ではありませんね(笑)。

よく巷で言われているのが筋トレで背筋を付けるというものです。筋肉をしっかりつけることでしっかりと支えてあげるわけです。

しかし間違った筋トレをしてしまうと、余計に腰を痛める原因になってしまいます。

まずは腹筋と背筋を両方しっかりやること。これはどちらかバランス悪く筋肉がついてしまうと余計に負担がかかってしまいます。なので予防で背筋をやる場合は、必ず腹筋もセットでやらなければなりません。

そして痛いときには絶対に筋トレをしてはいけません。少しでも症状がよくなると、多少の痛みを我慢して筋トレをしてしまいがちですが、これは治りを遅くするし、更に症状を悪化させてしまう大きな要因の一つです。

痛いときは安静にしてゆっくり休みましょう。

そして意外や意外。

実は骨折してる人が結構いるのです。

この骨折というのは、「腰椎分離症、すべり症」というもので、大体が10歳~15歳くらいで発症します。原因としては激しいスポーツなどです。5%くらいの人が発症するといわれています。

しかし若いころは筋肉が支えているので、意外と気付かないことが多いようです。

歳をとって筋肉が衰えて初めて症状が出る方も多くいます。

毎日ひどい腰痛に悩まされている方、一度はレントゲン、MRIなどで精密検査をしてみるのも手かもしれません。

若いうちからしっかりと運動習慣をつけて、筋トレして腰を支えてあげるのが一番ですね。

長くなったのでこの辺で。

まだまだ書きたいことは沢山あるので続きはまた今度。

なんたってワタクシは

腰痛持ちのスペシャリストなんです。

もう根っからの腰痛持ち。

ちなみに本業(今は全く仕事してませんが)で筋肉について大いに勉強していますので、この日記は信頼してもらって構いません(笑)。

次回。

睡眠量が腰痛に与える影響とは??

見逃すな!!!

気が向いたら書きます(笑)。

まあこんな適当に書くから収益化できないんだと思います(笑)。

腰痛治して爆益してやりましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。