心理面が如何にトレードの勝敗を左右するか。

心理面が如何にトレードの勝敗を左右するか。

ということで(あくまで自分の中で)ちょっとだけ面白い数字が出たので。

ここの所トレードは負けっぱなしですが、それとは別にpaypayの余ったポイントでアメリカのETFを買っています。paypay内にあるコースを選ぶだけなので詳しい事はよく分かっていません(笑)。

このポイントなんですが、引き出して現金化は出来ません。しかし支払いがpaypayに対応している場合は使用できます。なのでお金としては機能するわけです。

そしてこのETF。8月から買っているのですが、最初はスマホに貯まっていた5,000円で始めました。自分はソフトバンクユーザーなので還元という形でペpaypayにお金が貯まっていきます。

自分のお金は一切入金していません。paypayアプリダウンロードなどの初期のサービスポイントなどが貯まっていったものです。

8月に始めて最初は何となく値動き眺めてました。当然上がったり、下がったりするわけですが、普通に入れっぱなしにしていると、大きな下落にもお付き合いになるので、当然上昇だけとるという都合のいい事は出来ません。

途中からただ眺めているのも面白くないと思い、ダウとナスダック指数とにらめっこしながら、「上がるかも」「下がるかも」で利確、再投資を繰り返していました。

自分の中でちょっとしたゲーム感覚でした。アメリカ株の動きは日本株にも影響してくるので勉強にもなります。

8月から始めた、元手5,700円(途中でポイントが付与されたのでそちらも追加)が現在では7,743円になりました。4か月で約35%も増えました。

まあダウもナスダックも8月から上がってますし、時間軸も全く違うので何とも言えませんが、毎日デイトレで負けまくっている自分からしたら快挙です。

やはり

現金化できない。

金額が少ない。

といった所で全くプレッシャーがかかりませんでした。元々はポイントで付与されたものなので、基本的には無くなっても痛くもかゆくもありません。

少しでも日本株を買うときの勉強になればと思い気楽にやっていますが、ノープレッシャーだとこうも違うものかと実感しております。

大きく取れている要因として考えられるのが、

全体が見えている。

ダメそうならすぐ切っている。

ちょっとでも上がりそうだったらすぐ入っている。

アメリカの指数が好調。

この辺りでしょうかね。

だとすればやることはただ一つ。

日本株もノープレッシャーで買う。

ではどうやってノープレッシャーで買うか。

結論。

分かりません(笑)。

まあこれが出来たら苦労しないんですけどね。これが出来たら(自分を含む)今負け越している個人トレーダーさんたちも勝ち越す方たちが物凄く増えるでしょうしね。

実際は目の前の値動きに動揺してしまったり、INした瞬間から周り(指数など)が見えなくなってしまいます。

今後トレードを続けていって経験積んでいけば慣れるものなんですかねこれって。

自分の中で根拠のある売買を繰り返していけば、ちょっとやそっとの事では動揺しなくなる気はします。

やはりまだまだ鍛練が必要な模様。

引き続き切磋琢磨していきますので、何となく応援して下さい(笑)。

それではまた次の日記でお会いしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。